Facebook


アルゼンチン情報をまとめたサイトはこちらです。
http://www.vacaloca1219.com

2018年6月27日水曜日

アルゼンチン移住後の初めてのW杯。アルゼンチンのリーグ突破まで。

こんにちはー。 
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回は移住初めてのW杯についてです。
アルゼンチンといえば必ずマラドーナ、メッシの名前が挙がるようなサッカー大国として名高いですが、そんなアルゼンチンでのW杯の盛り上がりはどのようなものか紹介します。

メッシになれるポテチ
今年はW杯の直前までアルゼンチン全体で中絶についての熱い討論/抗議とそれについての法案化への投票があったので、実際にW杯が始まるまであまり熱中していなかったように思います。

それでも一旦試合が始まれば、それはもう熱中ですよ笑


Ads by Google



目次

W杯が始まる前は
15日にアルゼンチン戦がキックオフ
19日・日本戦
21日・アルゼンチン戦
24日・日本戦
26日・アルゼンチン戦




W杯が始まる前は


中絶法案化でアルゼンチン国内は真っ二つに。
Vacalocaのアルゼンチンに移住したぞ!

こちらの記事で紹介した通りアルゼンチンでは中絶の法案化のことで持ちきりでした。
そのためYoutubeの広告やテレビのCM以外ではあまりW杯に対して熱中していなかったように思えます。
もちろんお店に行けば、アルゼンチンの国旗カラーの商品が異常に増えていましたけど。

それ以外では子供や大人の間で、サッカーチームのカードを集めるだけのトレーディングカードが流行っていたみたいです。

トレーディングカード




以前にも紹介したこちらのW杯のトレーディングカード、また同じ子に見せてもらったら結構増えていました。
これは私のではないです笑

レジェンドカードとして神の子マラドーナ率いるアルゼンチンが優勝した時のカードがありました。


W杯が始まる前のオベリスコやアルゼンチン人の様子は下記のリンクにまとめました。

6月初旬。だいたい妻の誕生日とW杯と、友達の送迎会。
Vacalocaのアルゼンチンに移住したぞ!

W杯用語

ワールドカップ : Mundial (ムンディアル)
試合 : Partido(パルティド)
サッカー : Fútbol(フットボル)
ボール : La pelota(ラ ペロータ)
コート : La cancha(ラ カンチャ)
アルゼンチン: Argentina(アルヘンティーナ)
メッシ : Messi(メッシ)
マラドーナ : Maradona(マラドーナ)

です、これさえ知っていれば大丈夫です。




15日にアルゼンチン戦がキックオフ

私はもちろん、普段からサッカーやスポーツを見ない陰キャなのですが、W杯の時は流石に観ました。
まあ会話に置いて行かれないための涙ぐましい努力ですよね。

お世話になっている方や友人から一緒に観戦しませんかというお誘いを受けていましたが、当日になり妻が風邪をばっちりひいたので、家で観戦することに。
妊娠しているので大事をとりました。

そしてインターネットでW杯観れるサイトを経由して、アルゼンチン戦を観ましたがLIVEだから画像の粗いこと粗いこと。




開戦直後のキャプチャーだけなのは、後はゴールが入っても興奮して撮るのを忘れていたからです。
試合内容とかについては多くの専門家の人が語っているので、私は何も言いませぬ。

アルゼンチン-アイスランドは1-1でした。


19日・日本戦

19日に日本戦がありました、日本人の私は試合日程を把握していなかったのですが、ニュースでコロンビアに勝ったのを見ました。
それでもクラスメイトや友人が日本勝ったね!おめでとう!と言ってくれたので、そうだね!すごかったね!と言っておきました。


中には詳細にどんなゲームだったかを詳しく説明してくれる人もいて、日本好きが周りにたくさんいてよかったです笑


21日・アルゼンチン戦

引き分けに終わり、スロースターターと言われるアルゼンチン、今回の試合にはアルゼンチン全員が期待しておりました。

15時からキックオフでその前後はブエノスアイレスの市内もすごく静かでした。
街に全然人がいない状態です。
みなさん、レストランやカフェでテレビの前にかじりつくように国歌斉唱から試合を観ていました。

私は仕事中だったので、グーグル先生を10分ごとに更新して試合の様子を見ていましたが、更新するたびに0-1,0-2,-0-3となっていき、どうしたアルゼンチン?!とずっと思っていました。
結果はまあニュースでよく見る通り惨敗でした。

その後会う人会う人、サンパオリ監督とカバシェロ(GK)への罵倒を聞きました。

このカバシェロのクリアミスから始まった0-3ですからね。
クソミソに叩かれていました。
子供から大人まで。

妻は



アルゼンチン人ですが、クロアチアの血も入っているらしいのでテノヒラクルーしてました。
妻はスペイン、ポルトガル、クロアチア、オーストリアの血が入っていて本人は自分をヨーロッパ人だと錯覚しているかわいそうな子なんです。アルゼンチン生まれアルゼンチン育ちなのに。

ただ最近は本人は自分のことを日本人だと思っているみたいです。
その度に。節子!それ勘違いや!お前は日本人やない!
と言わないと本人も気づかないレベルまで錯乱しています。
サムライブルーとガンバレと片言で応援しています。



Ads by Google


24日・日本戦

アルゼンチン時間の11時からキックオフでした。
妻も風邪をひいていなかったので、今度こそお世話になっている方のお家におじゃましました。

その時に冒頭にちょろっと貼ったメッシになれるポテチの袋を買って行きました。
私たちのW杯の熱が以上に低いので発売してから結構たち、アルゼンチン戦が2戦も終わってようやく日本の試合の時にメッシになるポテチを購入しました。
そしてこの方もメッシになりました。
んー、この方は本当に何をしても不器用です。
私の真反対です。

サイズが合っていないので調整してみました。
たまにこんな顔をしている時があるので、違和感なしでした。


日本戦


ポテチとジュースを持って観戦をさせてもらいにお宅に伺いました。

もちろん、お宅の写真などは撮っていませんのでここからはいつもの、私の達者な文字書くことのすごいやつでおぎなっていくんだぞお。



大きいテレビ、ポテチ、ジュース、シャイな妻、盛り上がっているご家族。

私たち夫婦は静かに観ていました。

流石に点が入った時は拍手はしましたよ。



現場からは以上です。

ケイスケホンダが決めてくれました。

感動した!
ご家族の娘さんがケイスケホンダのユニフォームを着ていたので盛り上がりました。

途中カワシーマがカバシェーロみたいな動きをしたのでみんなでヒヤヒヤしました笑

GKは本当に大変ですね。

なんとすき焼きを!!

いただきました。

なんて本格的なすきやきなんでしょうか。
醤油も砂糖もいい塩梅。
私は久しぶりのすき焼きに最後まで1人で食べていました笑
ありがとうございました、美味しかったです。

ハーフタイムにいただき始め、後半が25分をすぎてもゆっくり食べていました。
んまぁ、美味しかったです。

なんとこのホットプレート、アルゼンチンにある大きいスーパーCOTOのPB(プライベートブランド)のもので、なんと日本より安いみたいです。
炊飯器の時といいなんかCOTOは死角でしたわ。
そしてこの炊飯器の存在を教えていただいたのもこのご家族です。
いやぁ、来月はホットプレート買っちゃいますねー笑

26日・アルゼンチン戦

アイスランドとは引き分け、クロアチアには大惨敗。
誰もがリーグ突破はもう無理じゃ、アルゼンチンの今年のW杯はもう終わりじゃのおと言われていたのですが、まさかのウルトラミラクルが起きました。

私は家で例のようにテレビがないので、サッカーの試合をライブ配信しているサイトで観ていました。
まあ粗い画像、同じアパートの人もネットで観ていたのでしょう、回線が重いこと重いこと。
1080pはおろか720pでも無理なので360pで観ていました。
それでも重くてずれていました。
なのでゴールが決まった時も、先に近所の叫び声を聞いた5秒後ぐらいに私の観ていたサッカーでも同じことが起きました。
キングクリムゾンってこんな感じなんでしょうかね。
「空の雲はちぎれ飛んだ事に気づかず!・・・」
まさにこんな感じでした。結果だけが残っていました。

これが二回も起きたので、完全にキングクリムゾンの存在を意識し始めました。

W杯が終わるか終わらないかぐらいの時に妻と5Dのエコーに行かなくてはいけなかったのですが、家から出たぐらいで試合が終わったみたいで道は盛りのついた猫のような声があちこちから聞こえてきました。
その中でもああ、南米じゃのおと思ったのがこちらです。

ぶおー ぶおー って、楽しそうでいいですね。
今回アルゼンチンがナイジェリアに勝って、アイスランドがクロアチアに負けたのでなぜかの奇跡のミラクルマジカルでアルゼンチンリーグ突破したみたいです。
みんなペソの暴落、中絶法案化、治安の悪化、その他もろもろもろもろもろの悪いことが続いており、お家芸のサッカーですら絶望だったアルゼンチンですが、ようやくほっこりすることができました。

せめてサッカーぐらいでは明るい話で国民を活気づけて欲しいですね。

そして引退しても神の子マラドーナがちょっとアルゼンチン戦を観にきただけでテレビではすごく取り上げられます。
ただ今回は少しマラドーナの様子が怪しすぎたっていうのもあるかもしれませんが。
まあみんな本当に好きですよね、彼のこと。

ブエノスアイレスの観光地ボカ地区ではマラドーナに似ているってだけで食べている人がいるので彼に会いに行くのもいいと思います(適当)。
Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿