Facebook


アルゼンチン情報をまとめたサイトはこちらです。
http://www.vacaloca1219.com

2017年12月29日金曜日

誕生日を祝ってもらいました【射手座なのが唯一の救い】

こんにちはー

12月19日に誕生日でした。

今年は2日にわけて妻と友人に祝ってもらいました。
着ている服は同じですけど、ちゃんと洗ってますから!!

誕生日の後日に
今年も街がクリスマスに染まり、クリスマスのことだけを考え、友人・家族からは師走のためにわすれられがちなのはクリスマスに近い誕生日の者の定めですよね。
仏教徒とはいえもはや恒例のイベントでもあるクリスマスプレゼント、これも子供の時は一緒にされがちですよね。

もしばらばらだとしても、1週間以内にもらうからなんか楽しみ減です。
6月生まれとかで半年に一度プレゼントをもらうぐらいが理想ですよね。

私はそれを20数年繰り返してきたのでもう慣れてますが、やっぱり未だに寂しいところはありますよね。
友人や家族からも忘れられるし。
唯一の救いは星座の中で一番かっこいい射手座ってとこですね。
サジタリウスがナンバーワンやで!

Ads by Google


目次

誕生日の夜
友人に祝ってもらいました


誕生日の夜

誕生日は恒例にしようということでプエルトマデロのレストランに行くことにしております。

今回行ったお店はSiga La Voca(シガ・ラ・ボカ)というレストランです。
お店の名前は、牛に付いていけ という感じです。

詳しい情報は別のサイトでまとめたものをどうぞ。

Siga La Voca

住所:Av. Alicia Moreau de Justo 1714, Buenos Aires


特徴:ビュッフェ(バイキング)式です。お肉も部位ごとに焼いてもらえます。チョリソーや牛肉、豚肉、鶏肉などの各部位が揃えてありました。
お肉に力を入れている分、サラダなどの副菜は少し弱めです。
お肉をガンガン食べたい人におすすめです。

レストランに着くまでに

12月18日はブエノスアイレス市内ではデモの影響でストライキや暴動がありました。
その影響か翌19日(私の誕生日です)も行く時はバスなどではなくレミースで行きました。
まあ誕生日の日はだいたいレミースで移動するようにはしていますけど、暴動があった周辺のエリアはすごく怖かったです。

あとレミースが近い距離にも関わらず200ペソを要求してきました。
多分車内で英語で話していたせいかもしれないですね。


レミースが渋滞に捕まったので予約の15分遅れで着きましたが、ぎりぎり予約が取り消される前に入れました。

外ではすでに行列ができていたので予約が取り消されなくて良かったです。


バイキング

席に通された後にドリンクだけ注文してバイキングは始まります。
とにかくお肉を食べようということで副菜はそこそこにお肉の注文の列に並びました。
私のお気に入りのOjo de bifeやbife de lomoは焼くのに時間がかかるそうで(人気なんですかね)チョリソーと牛のどこかの部位をもらいました。
味はジューシーでした。
ただチョリソーは一個でよかったんですけどね・・・。

御察しの通りこの1回目で結構お腹にきましたが、ここはビッフェ、食べねばならまいて。
とにかくもう1回転行きました。

またしても同じ肉は焼いてる途中だったので指差しで美味しそうなお肉を取ってもらいました。

どうも豚肉と鶏肉みたいでした。
豚肉はアルゼンチンではあまり食べなかったせいか、匂いが強く感じました。
鶏肉はよく焼かれていてジューシーでした。

妻はBien cocido(よく焼いて)と言うのを恥ずかしがったため赤いお肉を食べていました。
私はしっかりとちゃんと焼いてくださいと頼みました。
赤いにも限度がある赤さのお肉は食べたくないですからね。

御察しの

2回転して、もう1回転お肉を頼んで食べ終わったところで私たち2人とももう満腹で食べれませんでした。

アルゼンチンの方はこの状態でデザートを食べるみたいですが、私たちは食べれなかったのでお勘定をしました。

次はバイキングではなく普通のレストランでステーキにしようと話し合いました笑
バイキングに行っても少食だから・・・。

今まで誕生日で訪れたレストラン一覧

昨年の私の誕生日がこちらです。



今年の妻の誕生日がこちらです。

誕生日のお祝いにLa Bisteccaへ

Vacalocaのアルゼンチンに移住したぞ!

どちらもブエノスアイレスのみなとみらい的な場所、プエルトマデロです。
プエルトマデロの紹介は下記のリンクからどうぞ。



友人に祝ってもらいました

今年は市内に引っ越しをしたので友人にも祝ってもらうことができました。

誕生日当日は平日だったので、金曜日の夜に集まりました。

友達2人と妻と車でブーーーンって。
いつも車出してもらってありがとう!


El Alamo

住所:C1414BAK, Av. Córdoba 5267


レストランバーみたいなお店を予約してもらって、中に入りました。
入口が思っ切り怪しい駐車場みたいな入口でした。
中に入ると大音量の音楽がガンガン流れていました。
私たちはその中でも階段を登りきった屋外に通されました。
テラスというんですかね、そこにもバーカウンターがあって食事や飲み物を注文できます。

屋外は少し日本のビアガーデンを思い出しました。

注文


入場料が200(1200円)ペソで、その時に200ペソ分の食券も同時にもらいます。

最初は5人だったので1000ペソ(6000円)分の食事・ドリンクが頼めます。
ナチョス・フライドチキン(中央:辛い 右:普通)

チョリピザ:奥
ナチョス・フライドチキン(鳥の脚)を2種類頼みました。
これにチョリピザというチョリソーというソーセージが乗ったピザとタコスも注文しました。
これに飲み物は私たちはオレンジジュース、友人はフェルネや水を注文していました。

最初に辛い方のフライドチキンを食べたのですが、まあ辛いものを久しぶりに食べたので辛さにやられて汗がドッパドパでした。

唇周りは焼けてました。

そのあとはタコスやチョリピザ(!)をいただきました。
ピザにサラミなどは普通ですがチョリソーは珍しい組み合わせでしたが、サラミみたいな感じででした。
今度家で作ってみようかなーって。

突然の雨と落雷

遅れてもう1人きてご飯や飲み物を注文した後に集合写真を撮りました。
しゅーごー
この後に突然の雨と落雷です。
落雷自体はずっとしてました。
遠くで稲妻が何回も見えました。
特にこの日は綺麗に稲妻が見えました。

で薄々みんな気づいていましたが、雨が降りそうだったんですよね。
そしてこの集合写真の後にザーザー降りです。

テラスなので雨に耐えられず店内に退避。

ケーキ入刀

店内に移動したのはいいものも屋外以上に音楽のボリュームがバカなので会話はほとんど難しい状態に笑
そのためみんなで音楽に合わせて歌ったり踊ったりしました。
2階は踊る場所もあるみたいなので結構すごいレストランでした笑

そして歌っている途中でケーキを妻が取りに行きました。
なぜか店員が私の顔を見ないとケーキを渡せないといいだしたので、誕生日の当事者の私が取りに行きました。

そのまま火もつけて消します。
願いとかは特にするのを忘れてました。
日本では形だけの吹きかけが多いですからね、つい忘れがちですよね。
ケーキ入刀
ケーキを切ってみんなで分けて食べました。

このケーキ

こちらのケーキは妻と家から持参しました。
この集まりの前夜に2人でムースをつくりましたが、泡立て器やハンドミキサーがないのでフォークを三つ重ねて妻と2人で交代交代でかき混ぜました。
三本の矢理論でフォークの結束は硬くなりました。
もちろん三本の矢なので、オチは御察しですけどね。

わし誕生日なのになぜこげんな苦しい思いをムースにぶつけました。

当日は友達の車に手で持ちながらお店に運び、キッチンに預けました。
誕生日ケーキはお店に予約する時に持ち込みましょうね。

終わりはいつも突然に

雨もえげつなく降っているので二次会も流れて、12時過ぎに解散しました。
本当にタイミング悪く豪雨と落雷でクリスマス前の子の悲劇ですよね。
唯一の救いは射手座。
これに尽きます。

来てくれた人と来れなかった人(事故のせいで)ありがとうございました!!

また新年もよろしくお願いします!

またねー


Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿