Facebook


アルゼンチン情報をまとめたサイトはこちらです。
http://www.vacaloca1219.com

2017年8月6日日曜日

【まとめ】アルゼンチンでの2016年の生活をまとめてみました。

こんにちはー

最近よく友達にアルゼンチン(ブエノスアイレス)の生活はどうなんよと聞かれます。
なのでブログで書いちゃおうと思います。


これからアルゼンチンに移住を考えている人の参考にでもなれば幸いです。
今回は引っ越しから年越しまでの期間です。

それでは順を追ってみていきましょう。

まずは私が赤ちゃんの時からですね。
私が赤ちゃんの時はそれはもう下膨れの赤ちゃんでした。
髪の毛もいつも寝癖で逆立っていました。

今でも覚えているのが、初めてこの世に出るときに助産師に向かって
俺を取り上げろ!!!
って言ったことですね。
あの時は地上最強でした。

月日は流れ下膨れの顔もまん丸になったころ、髪の毛が天パ気味でしたが、母親曰く髪を切ったらストレートになったそうです。

まあホルモンやろね。
そして今に至ります。
お母さん、わし天パじゃないよ。


Ads by Google


目次

アルゼンチンに引っ越ししてすぐ
クリスマス前まで
クリスマスと年末
おわりに


アルゼンチンに引っ越ししてすぐ

生活


2016年の4月に日本を発ちました。

アルゼンチンに引っ越ししてすぐは寝てました。
時差が12時間なんでね。

だからアルゼンチンで朝7時だと、日本では夜7時ですね。
日本のほうが12時間早いです。
流石日出づる国ですね。

彼女の実家にお世話になっていました。
それとルームメイトのウサギ様ことLちゃんとの生活も始まりました。
多分引っ越ししてから一番ながく同じ時を過ごしているでしょう。

この時は本当にやることもなく、自堕落な日々を過ごしておりました。
tumblrでブログを始めたものの2日目で諦めて、後はゲームばかりしておりましたな。

パソコンが古いので、スマホとタブレットでアプリのゲームをね。
その時はvaingloryというゲームを友達に教えてもらって、してました。
怖いもんでね、本当にそれしかしていませんでした笑
海外に来てまですることじゃあないですよね笑

今ではゲームのしすぎで電池を消耗しすぎたのか、タブレットが帰らぬタブレットになりました・・・。

彼女と外出はしていましたが、いかんせん街中じゃないところに住んでいたので、バスに乗るのが億劫だったんですよね。
出不精になってました。

ちょこちょこ家で勉強はしてたのですが、机と光源がないもんでなかなか集中して勉強できなかったんですよね。
だからゲームをばついつい。
言い訳ですね笑

この頃は本当に右も左もよくわからなかったので、彼女が過保護気味にしてくれてました。

私は過保護が苦手ですけどね笑
まあ日本だと嫌ですけど、いかんせんアルゼンチンなんでね、過保護になるのもしゃあないっすわ。

彼女もこの時はフルタイムではなくパートタイムだったので仕事が終われば公園に行ったり、家の近くに買い物に行ったりしてました。

食べ物

アルゼンチン料理も試されてました。

私は食い嫌いとかはないので食べますが、少食なのでそんな量は食べられないよぉ、ふえぇ〜んって感じでした。


右上のはエンパナダです。

レシピはこちらです。

真ん中のはミラネサです。
レシピはこちらです。

左下のがチパです。
レシピはこちらです。

そして左上の飲み物はマテです。
アルゼンチンのソウルドリンクです。
詳細はこちらです。

他にもCOTO COLAというパチモンのコーラを飲んだりね笑

引っ越しして2ヶ月でいろんな種類のものを食べました笑
食べ物のまとめはこちらです。

まあ引っ越ししてすぐはだいたいは部屋にひきこもってました。

洗濯は手洗いや、いろいろ不便に感じることはありましたが、まあ慣れですよねなんでも。
便利なものに囲まれた生活が好きだけど、こういうのもまあ時間があるから別にいいかなって。

嘘です。
本当は不便だなーって今でも思います。

クリスマス前まで


外出するようになって


引っ越しして2ヶ月後ぐらいからは、知り合いに会いに行ったり、図書館で勉強をするようになって、外出の機会が増えました。

それに伴ってバスを利用する機会もぐんと増えて、心はゲンナリ。
本当にね、ブエノスアイレスのバスは運転が荒いし、時間という概念がないから疲れさせられましたね。

ブエノスアイレスでの主な移動方法はこちらをどうぞ。

ブエノスアイレス郊外の移動とかね、通勤・帰宅ラッシュもすごくてバスの中は息もできないぐらいぎゅうぎゅうでスリとかからも身を守りながら運転手の荒い運転・・・。

よく東京の満員電車はバカにされますが、まあスリとかは少ないし荒い運転じゃないだけ私的にはましです。

アルゼンチンだと、もう無理っ!って外に出る方が危ないですからね、夜だと。

好きなときに好きなところに行けない不便さはストレスになりましたね。
夜出歩けないのとか。

店のサービスの質が低いのとかは多分どこも同じようなもんなんでね、目を瞑りたいけど、まあひどいですよね。
日本が過剰なだけかもしれないですけどね。
こういうとき日本で育ったのをちょっと悔やみますよね。

ああ海外で育ってたらこの劣悪なサービスも普通だし、そんな気にすることじゃあないって思えたのかとね笑
多分そんなこたあないか笑

だいたい慣れて来た頃にいつでも悪いことは起こりますよね。
私にも悪いことが起きました。

強盗に遭いました。
詳しくはこちらです。

その日以降、以前にもまして治安のことを考えるようになりました。
やっぱり治安ってのは大事ですよね。
治安についてもまとめてみました。


それ以外は、家で料理ができないのと、外に出られないのと、家の周りに何もないのと、バスのストレスと、頻繁に起きる停電と、働かずにデモばっかりで人の妨げをする人たち、質の悪いサービス(全般)に辟易してたぐらいですかね。

よくフェイスブックのグループで、ブエノスアイレス人が外国人グループに対して、文句ばっかり言ってるなら国に帰れよと言うのを目にします。

じゃあなんとか改善しろよって、言い返しそうになりますよね。
怖くて言わんけど笑

そういったレスバトルの様子はこちらです。
アルゼンチン人vs移民グループ
問題が多すぎるのは実際そうですしね。

ブエノスアイレスのいいところを言えよって、彼らは言います。
いいところを見つけろって強要されてもなー。
もちろんありますよ?
今は言わないですけど、いいところもたくさんありますよ?
今は言わないですけど。

今度言います。

まあ私的には見つけるの難しかったですね、いかんせん私がヒキニートだから外界と遮断されてましたからね笑



訪れた場所

La Rural (畜産エキスポ)
詳細はこちらです。

La Ruralに行った時の話
Vacalocaのアルゼンチンに移住したぞ!

ここで牛さんを見に行きました。
アルゼンチンの違う州の人たちがおらさ村の動物などを連れての品評会です。

日本庭園(Jardín Japonés)
詳細はこちらです。

ブエノスアイレスにある日本庭園
Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ

ブエノスアイレスにある日本庭園です。
南米と少しミックスしていますが、日本式で広大でゆったりとした庭園が楽しめます。
すごく好きですねー。

引っ越し前にもイグアスやいろんな場所には2015年に訪れています。
そちらはこちらからどうぞ。
ブエノスアイレス、アルゼンチンの観光スポットの記事があります。


ハロウィン

そして今必死に年末までは何してたんだろって思い返してますが、何も覚えていません。

何もしてなかったからな、そりゃ思い出せんわい、そもそも覚えるような出来事がなかったんだもの。

一つだけ覚えているのは
10月末にハロウィンをしました。

アルゼンチンではハロウィンはそんなに人気なイベントではないので、彼女の家族とディナーをしました。

ハロウィン


クモとデザート!!!
ディナーが始まったのが朝3時・・・。
もう眠いまなこをこすりながらみんな食べてました。

終わったのは朝4時半ぐらいだったかな。
まああるある?

誕生日まで

それから年末までは本当に特に出来事はなくて、12月は忙しかったですね。

師走とはよく言うもので。

主に私の誕生日から新年までのラッシュがすごかったです。

私は12月19日に生を受けました。

クリスマスに近い子です。
なので日本でもそうなんですけど、ちょっと重なってるんですよね。

誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントが一緒になりがちですよね。
6月とか4月に生まれたかったです。

アルゼンチンでもクリスマスって大事な日だからその準備と誕生日が重なってるんですよね笑

誕生日の前週にはウルグアイのコロニアに行ってみたり。

コロニアのビーチ
12月はこちらでは夏なので、ビーチでまったりね。

このときにマテとサンドウィッチを持っていて気持ちは南米人よ、そりゃあ。
コロニアはとても小さいので1日で歩き回れます。

雰囲気は昔のアルゼンチンみたいらしく、のどかです。

友人たち曰く昔はアルゼンチンもこんな感じだったらしいです。
もちろん疑ってます笑

誕生日

アルゼンチンでは誕生日は、誕生日の人が企画・運営をします。

私は面倒なので彼女にしてもらいました笑
彼女がそういう計画を建てるのが好きな人なんでね。

誕生日は二回祝ってもらいました。

1回目は彼女の実家で家族の方達と。

タコスとナチョなどメキシカンなものを食べました。
好きですからね私が笑

誕生日ケーキを吹くvacalocaさん
2回目はプエルトマデロというみなとみらいみたいな場所でディナーに連れて行ってもらいました。

Happeningというレストランです。

アドレスはAv. Alicia Moreau de Justo 310, Buenos Airesです

 
彼女がフェイスブックのグループで聞いて行ったお店です。

お肉が美味しいとこどこなん?って聞いたお店の中にここがあって評価とかを比べてここにしたらしいです。


ディナーの場所もテラスだったので夜景を楽しみながら、いい雰囲気の中食事ができました。

お店の詳細は別サイトにまとめました。


お肉は美味しく、とてもなサイズでした笑

二人とも少食なのに前菜とかを頼んで、食べているうちにもうお腹いっぱい笑

肝心のお肉を前にもうすでギブアップ状態。
そしてお肉がやっと来ました・・・。


いやん、美味しそう。
しかし大きい!!!
これは食べきれるのかわし!!!

子供の時からご飯を粗末にすることを良しとしない心情なので、なんとか食べようとしました。
結果はご想像にお任せします。

美味しかったです、少し硬かったけど。
そんなもんじゃろ。


彼女は心配性なのでお金を会計の2倍以上持ってきていました。
どう考えてもそんな多額のお金を持ってこんでもいいでしょ、と思ってました。

何が起こるかわからないからって。
それにしてもよ笑

予算は二人で2000ペソぐらいでした、2016年の12月時点では

クリスマスシーズンですが、ここは南米。
真夏です。
みんな半袖。

ディナーの後プエルトマデロを歩きましたが、半袖の人たちがクリスマスツリーの前ではしゃいでます。
違和感半端なかったです。

真夏のクリスマス
もちろん、私たちもパシャり。

この大きいクリスマスツリーだけでなく、そこらかしこの木に電球が設置されていたので雰囲気はばっちりでした。



クリスマスと大晦日

クリスマスイヴ

誕生日の後はクリスマスです。

アルゼンチンではほとんどの人がクリスチャンです。
信仰度は人によりますが、やっぱりクリスマスは全ての人にとって特別な日です。

クリスマスツリーや、家のデコレーションもクリスマス仕様に変わります。

家の大掃除をします。
クリスマスツリーを出します。
キリストの人形の周をにたくさんの動物が囲っているデコレーションなどを飾りました。

そして彼女のご両親と近くのウォルマートへ、クリスマス、年末の食料を確保しに。

やっぱり、買い方が違いますよね。
え、そんなにスナック買うの?
お酒の量多くない?
マジンガー?
という感じです。
やっぱり少食の私にはダメージがね、、。

ピカダ
食事はピカダから始まります。
ピカダはアサード(ピカダと同じ記事に詳細があります)の前に食べるものですが、クリスマスでも前菜として食べました。

1時間ぐらいピカダを食べて、メインディッシュを食べるために室内に移動です。

メインディッシュ
七面鳥、パスタ(スパゲッティー)、ポテトサラダでした。
真ん中のケチャップの文字は FELIZ NAVIDAD(フェリス ナビダ)です。
クリスマスおめでとさん!って意味ですね。
ナプキンもクリスマス仕様で可愛らしいですね。

どの料理も美味しかったです。
ただね、私はもうピカダの時点でお腹いっぱいでした笑
それでもなんとか詰め込みました。
ふぅ、終わったぜぇー。
ん?
あれ、なんでまだ食事の準備してるの??
嘘でしょ?
食後のデザート
そうです、食後のデザートがあるんですね。
デザートの存在を聞かされた時は、言うならばフリーザ様が後変身を二回も残しているのを聞いた時の絶望と同じでしたね。
な、なにぃ!!

デザートに絶望させられた25歳のクリスマス。
正直チョコレートは別に食べなくてもいいんですけど、問題がね、パンドゥルセです。

パンドゥルセは甘いパンという意味で、写真だとパッケージのものがそれになります。
わかります?
めちゃんこ大きいんですよね。

あれだけ食べてここにきてさらに炭水化物だ、、、と、、、?
これは切り分けられるのでどれだけ食べたくなくても、目の前に置かれるわけですよ・・・。

こ、これはまずいと。
まあみなさん私が少食なのは知っているのでそこまで強要はされませんでしたから、ちょっと残しちゃいました。
てへぺろりんりん。

パンドゥルセはほんまにもう食べれないって。

だいたいのものは次の日も食べました。
チョコレートとかはお腹が空いている時だとすごく嬉しいんですけどね。
次の日も満腹のままだったので、わたしはそんなには食べれませんでしたとさ。


クリスマス

イヴだけがクリスマスじゃあないんだぜ。
ラビオレス
クリスマス当日もまたパーティーです。

この日は一日中満腹丸でした。
ディナーは夜10時ぐらいからでしたが、まだお腹いっぱいでした。
昼から、イヴの残したパンドゥルセをちびちび食べていました笑

そしてクリスマスの夜はラビオレス(ravioles)を食べました。
イタリア料理らしいです。
パスタ生地に挽肉や野菜、チーズなどを詰めたものです。
エンパナダスとは違う生地で、どちらかというと餃子みたいな感じです。

ラビオレスの後はもちろん、昨日と同じくデザートです。
チョコレートとパンドゥルセ・・・。
でたなパンドゥルセ、お腹いっぱいだってばよ。

なんとか食べましたとさ。

クリスマスプレゼントの交換ももちろんします。
クリスマスプレゼント
マテのためのテルモ(水筒)とピクニック用のシートをもらいました。
やったね!

クリスマスの後は新年を迎えるためにまたも大掃除です。
庭やガレージなどをデッキブラシでかけます。
真夏なので水を使った作業でも寒くなくてそこはいいことかなって笑

日本だと、片田舎の実家は鬼寒くて、凍えながら餅つきや、洗車、掃除をしてましたからね笑

大晦日

大晦日のディナーもピカダから始まりました。
この画像は使い回しじゃないですよ笑

10時ぐらいから大晦日のパーチーでした。

大晦日のピカダ
カナペス
今回はクリマスにはなかったカナペス(canapés)というイタリア料理が追加されてました。
カナぺはフランスパンやクラッカーに画像のようにチーズやハムをのせたものです。
これはおしゃれで、ホームパーティーのときに使えるなって。

アルゼンチンではイタリア移民が多いため、食事もイタリアンが多めです。
これも何回も言ってるな笑

12時を迎え、各家庭で花火を飛ばし始めます。
もうどこもかしこもパンパンパンパン言ってます。
引火とかせんのかなと心配になりましたね笑

彼女の実家でも花火を打ち上げたり、爆竹をならしたりしました。
なんか中国の旧正月みたいですね笑

新年初めの食事
新年を迎えて少し経って、メインディッシュが出て来ました。

マタンブレ(牛の脇腹肉で卵を巻いたもの)とポテトサラダとチャーシューみたいなものですね。
マタンブレはアルゼンチン料理です。

美味しいですよ。
またしても満腹です。

それでまたまたそれなのに食後のデザートです。
新年初めのデザートはアイスでした。
アルゼンチンのアイスはやっぱり、海外サイズです。
大きい発泡スチロールの容器にチョコレートといちご味のアイスが半々に入ってます。

ちょっとお店のミスで、彼女のアイスが間違えたチョイスだったので彼女は拗ねてました。
次の日お母さんが別のお店でまたアイスを彼女のために注文してくれたみたいで、なぜか私の分もあり胃に鞭を打ってアイスを食べました。

後で聞いたのですが、最初に利用したアイスのお店は閉店したそうです。
因果応報ってあるんですかね。

いいことをすればいいことがあるし、悪いことをすればその報いが来るもんなんですかね。


おわりに

アルゼンチンに来て一年後の今年からブログを始めたので、去年のことはあまり書いてこなかったんですけど、アルゼンチンどうなん?って聞かれるのでまとめました。
あとアルゼンチン移住に興味があるなーって言う人に少しでもアルゼンチンがどのようなところか事前に知る機会を作れたら幸いです。

多分、アルゼンチンに移住するにあたって治安とかでグーグル検索される方が多いと思いますが、アルゼンチン、ブエノスアイレスはあまり治安がいいとは私は思いません。

他にも治安が悪い国なんてたくさんあるじゃんってここの人は言いますが、街中でスマホ・カメラを使うのにビクビクしなきゃいけないとこは治安がいいとは言えんでしょ。

パソコンも持ち歩きできないし、まあそこは慣れです。
自分のものをバカみたいに見せびらかさなきゃ盗難のリスクは下がります。

そこさえ注意してればブエノスアイレス、アルゼンチンも楽しいところですよ。
多分笑

また来年に2017年のまとめを作ります。
いいことがたくさん書けるように日々を過ごして行きたいですね笑

まだ年末でもないのに、こんな感じなのは、こっちが冬だからでしょうね。
冬=年末ってのがまだ抜けてないです。

アルゼンチンってどんなとこなん?って聞かれたらそっとこの記事を送ってあげてください。

こういうとこです。
ってね。

だそうです。
ってね

いやわたしのはもっと充実してるけどだいたいこんな感じです。
ってね。

はい。

またねー

バイバイキーン!!



Ads by Google

0 件のコメント:

コメントを投稿